スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
DVD鑑賞①

借りてきたDVDをとりあえず観ました。

まず、ポール・グリーモ監督の『王と鳥』というアニメ。

ある国の孤独な王は恋をしていた。
相手は王の秘密のアパルトメントに飾られている、絵の中の美しい羊飼いの娘。
しかし、彼女は同じく部屋に飾られている煙突掃除の青年と愛し合っていた。
ある日、王は自分の肖像画を描かせる。
そしてその晩、2人が愛を語っていると、それに嫉妬した肖像画の王が2人の仲を引き裂こうとする。
そんな王から逃げるため、アパルトメントから外の世界に出た2人を、王国中の家臣や警察が追いかける。
一羽の鳥を水先案内人にし、2人は長く長く続く階段を下っていく。
それと共に、しだいにこの巨大な宮殿の新の姿が見えてくるのだった。

かなりシュールなおとぎ話のようなつくりだけれど、現代の私たちにとても近い社会が描かれていて、エンディングロールが終わった後、背筋がゾクリとした。
この王国のシステムもさることながら、後半登場する巨大なロボットはまるで意思を持っているかのように破壊を尽くすし、でもそれをコントロールしているのは何の罪悪感もない一羽の“鳥さん”だったってのが恐ろしいと思う。
なにがいいたいのかってえと、無意識の恐怖。
意識せず、罪悪感もなく破壊行為を行うのの恐ろしさって言うのは現代でもいえること。
何の意識もなく言われる一言が一番傷ついたりするんだよね。
で、でも私が一番怖いと感じたのは、本物の王は前半に消えて、それ以降は影武者が国を仕切ってるっての。
これを怖いとか、恐怖として感じてるのって私だけなんだろか(汗)

人によっては私みたいにストーリーを「怖い」と感じる人もいれば、「これはファンタジーだ!」と感じる人もいるかもしれない。
はたまた「すてきなラブストーリー」なんて捕らえ方する人もいるかもしれない。
でも、とにかくみんなが共通して感じるのはこのアニメーションのクリオティの高さなんじゃないかなー。
何も知らずに観た人はまさかこれが60年前のアニメなんて思わないだろうね、て。
さすがは宮崎駿や高畑勲が影響を受けた作品!
一見の価値はあるかと。
ていうか、これは現代人にこそ観てもらいたい作品だよーーー(*´U`)=333



次は「トランスアメリカ」。

LAでつつましく暮らすブリー。
男性であることに違和感を持ち、肉体的にも女性になる最後の手術を控えた彼女の前に、突然トビーという少年が現れる。
彼はブリーがまだ男性だった頃にできた実の息子だった。
2人はひょんなことからNYからLAへの大陸横断<トランスアメリカ>の旅に出ることになる。
ブリーは女性として父親であることを隠したまま、トビーは父親を探すために・・・

とまぁ、こんな内容。
初めは険悪なムードだった2人が次第に警戒をなくして、壁を取り払って、いい雰囲気になった・・・・かとおもったら、波乱が起こったりと、なかなか目が離せない!
まだ父親と明かしていない時点でも、なんだかまるで親子のような会話に心温まりました。
世の中にはいろんな人がいて、悩んでたり、差別されたりしながらも懸命に、そして強く生きてる。
そういう彼女(彼)をすんっっっごく応援したくなりました。

それにしても、ブリー役のフェリシティ・ハフマンの演技は最高!
複雑な状況の彼女を見事に演じてますよ~。
こんなに素敵な演技ができるのはやっぱ彼女だけです。
息子のトビー役のケヴィン・セガーズ君は、常にフェロモン前回で何やっててもエロい!!!!!
まぶしすぎる!!!!
笑。
エロいっていうのか、彼はセクシーですよ。
あんな瞳で見つめられたらヤバイです。
こんの、リアル・ゲイ・フェイスめが!!



あと2枚観てないけど、観る時間あるかな・・・平日はなかなか時間ないし゜。・(P△;)・。゜

スポンサーサイト
2007-05-06 22:00 | 映画評論 | Comment(0) | Trackback(0)
怖いよぉぉぉ!!!

今日はお友だち宅でSAWを見てきました。
はい、今更ですってね。
はいはい。


SAWと聞いてピンとこない方はいないかと思いますが、一応大ざっぱにシナリオの説明を。


男達が目覚めると、そこは浴室だった。彼らはそれぞれ足を鎖で柱につながれている。
部屋にあるのは真新しい時計と、頭が破損した男の死体。
ここから出る方法はただ1つ。
自分以外のもう一方の男を殺す事。

この浴室から2人は脱出する事ができるのか?
そして、一体この“ゲーム”を仕掛けたのは誰か?
謎が謎がを呼ぶ、ホラー・ムービー。


感想。
怖い。
これしか言えないです。
本当に怖い。
実は私は犯人を知っていたのですが、やはり映像で見るとオチを知っていても衝撃はスゴかったです。

……てゆーか、これ以上言えない(汗)

確かにかなり怖い。
でも、続編がかなり見たい!




今夜の夢に出てきそうだぁーー(;台;)・。゜

2007-02-20 01:10 | 映画評論 | Comment(0) | Trackback(0)
見たい映画もりもり。
前から観たい観たいと思っていた「ブラザーズ・オブ・ザ・ヘッド」の公開が終わってしまった・・・号泣

私が住んでいるのは愛知県は東三河という極めて静岡県に近い所で御座いまして、数箇所ある映画館では、テレビなどで大々的に取り上げられている作品しか公開されません(かろうじて「それでもボクはやってない」を公開していた程度)。

で、ブラザーズ・オブ・ザ・ヘッドを公開していたのは県内でただ一箇所。
名駅(名古屋駅)近くにある映画館のみで。
勇気を出して今週末にでも観にいこうと思って、上映時間を調べたっていうのに、なんと先週の金曜で終ってしまったのでした。

ぬぁぁぁaaaaーーーーーー ゜(Д ゜) !!!!!!!

なんとも例え難い表情と奇声を発してしまった。
ちなみに、きっと知らない人もいると思うから載せておくブラザーズ・オブ・ザ・ヘッドの予告版。
(説明下手だからどんなんって言えないので・・・汗)








ね!
これは観たいでしょう!?

んで、今もう一個公開中で観たい映画は「ダーウィンの悪夢」なんだけど、やっぱりこれも県内では名古屋でしか公開してないんだな~。
豊田でも公開するそうだけど。
まだもうしばらく公開はしてるんだけど、時間なくて結局見れなさそうな感じ・・・
ドキュメンタリー物はやっぱり、なかなか広く公開されない世の中なのですね。
うちの辺じゃ「不都合な真実」も公開するかも微妙ね。

マリーアントワネットを決して悪いとは言わない。
夢見る少女たちの話を否定しようとはしない。
命を張ってるレスキュー隊員たちの努力を無駄だとは思わない。
ただ、今私たちがお世話になっているこの星の現状を、この星の良い面しか見ようとしない豊かな国の人間が知らなくてはならないのではないのかと思うのです。


ていうか、結局田舎に住んでる自分が憎いんだけどね(・_・;)
逆恨みか。
痛いなこりゃ。



ま、結局どっちもDVDのレンタル待ちってことですね。
残念。



2007-02-18 21:21 | 映画評論 | Comment(0) | Trackback(0)
壬生義士伝

木曜洋画劇場で壬生義士伝やってたから、ついつい見てしまった…orz
ちなみに恐れ多くも、私、初壬生義士伝でございます(汗)
見よう見ようと思ってると、気がついたら地上波放送されてる質なので(滝汗)


で、さすが原作が浅田次郎なだけあって、かなり良かったです~
終盤40分からは泣きっぱなし、涙も鼻水も止まらなかったし(;△;)
吉村にも斎藤にも、とにかく登場人物一人一人に愛着が沸いてしまって…
特に吉村の回想シーンなんかはかなりヤバかったです
あぁ、思いだし泣きしてしまう(重傷/笑)


そしてこの映画はなんといっても、ワンシーン、ワンシーンの映像がとにかく美しかった!
時には楽しく、時には華々しく、時には寂しく、時には悲しく
その場の雰囲気を見事に表現しているな、と関心したほどでした
それに、前半の生き生きとしている感じに対して、後半の死の香りが漂う映像のギャップもすごい!
斎藤の妻の遺体のシーンなんかは、まるで時間が止まってしまったのかと思うほど、その美しさにみとれてしまった…洋画には絶対にない美しい映像ですね(´∀`)=3


そういえば、“新選組”を題材にした作品の多くは彼らを堅苦しくて強いヒーロー集団かのように扱うけれど、
壬生義士伝では、隊士たちも人間であり、それぞれ思想や感情を持っている人間味がある集団として描かれているように感じました
私はどちらかと言うと後者派ですが(笑)


とにかく素晴らしい作品だったよーーー(●*>凵<)vV






続きを読む
2007-02-02 00:35 | 映画評論 | Comment(0) | Trackback(1)
05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。