スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
有難う、鈴鹿。
行ってまいりました、ROUND.17日本GP@鈴鹿サーキット
結局私は土曜予選と日曜決勝を観戦してまいりました♪

・・・日帰りで

・・・orz

最後の鈴鹿、マイケルの日本ラストランだけあって、満員御礼、すごい人、人人人!
自由観戦組だったから、予選っから想像以上の人の数に「立ち見になっちゃうかな・・・」と、不安でしたが、なんとか130R明けの自由観戦エリアで観戦できました~!
あっという間に通り過ぎてしまいはするものの、実際に減速せずに130Rからマシンが出てきたところを見ると、かなり鳥肌が立ちました。
あんなとこ普通の人間が減速せずに突っ込めるはずないだろって・・・笑

で、特に心に残ったことをいくつか。

入り待ち、出待ち
・・・をしていたわけでもないのに、なんと!土曜には入ってくるアロンソを、日曜にはクルサードとアロンソと遭遇!
2人とも、なかなかハンサムでした!特にクルサードは写真なんかより全然小顔でした(笑)
シューミ、まさかの…
リタイアでしたね・・・。アンチシューミですが、アロンソが猛烈な追い上げをしている最中だっただけに、あんな形でアロンソが優勝することになったことがとても悔しいです。
涙のポディウム
木曜にフィジケラの親友がお亡くなりになりました。そんな悲しみの中、冷静を保ちながらなんとかレースを3位で終えました。ポディウム上で涙を流す彼がとても印象的であり、心が痛みました。謹んでお悔やみを申し上げます。
Fun and Fan!
一人ぼっちの鈴鹿でしたが、土曜の行きの電車の中で向かい、そして隣の席になった名古屋のご夫婦と千葉のシューミファンの方と二日間一緒に行動させていただきました!お三方とも気さくに声をかけてくださって、とてもお優しかったです。
そして日曜、場所取りしていたシートが剥がされていて、かわいそうに思ってくださった名古屋からおこしになったご夫婦、甲子園からおこしになったご夫婦が一緒に観戦するように勧めてくださり、すばらしい環境で観戦することができました。
他にも、トイレ待ちのときに一緒に熱く語り合ったペルーからわざわざおこしになったシューミファン、アロンソの優勝を一緒に祝ったスペインからの留学生のカップルさん、シャンパンファイトに快く混ぜて下さったアロンソファンの方、ただ酒を振舞ってくれた(笑)フィジコファンクラブ幹事のみなさん、記念撮影を快く受けて下さったオフィシャルの皆さんetc…
本当に有難う御座いました!
そしてお疲れ様でした!


20年の歴史にいったん幕を下ろした鈴鹿サーキット。
このすばらしいサーキットで、また日本GPが開催されることを祈って…

See you again 鈴鹿 !

スポンサーサイト
2006-10-09 21:24 | F1 | Comment(4) | Trackback(0)
Comment
いいっすねぇ生でF1見れて…
ゥチはスパイダーマン2見てトビーに見事ハマっちゃいましたよ
かおる 2006/10/09(月) 22:27:29) 編集

お疲れさんでした。本当にすごい人でしたね^^ これがレースかぁ~って感じでしたね。
ミハエル リタイヤ後のフェラーリのピット内が忘れられないです。
鈴鹿サ-キット!夢をありがとう~
次回戻ってくる日まで。
f_2007ms 2006/10/10(火) 02:00:57) 編集

ピットクルーにかけたシューミの言葉を聞いて、彼はなんて偉大な人なんだろうって思いました(;~;)
…あれをみると、チームやチームメイトに噛付くアロンソはまだまだ経験不足だなーって感じちゃいますょ。

来年からは富士で微妙ですが(多分行きますけど…笑)、またF1サーカスが鈴鹿に帰って来ることを祈りましょう♪
おぃら 2006/10/11(水) 19:09:26) 編集

だったら地上見ましょうょ…orz
ニコ完走できたし、フィジコの号泣にもらい泣きだってできたってのにー(`ε´)=3

スーパーマンなんて前髪チョロンじゃないかチクショーー。・゚・(*ノД`*)・゚・
おぃら 2006/10/11(水) 19:12:57) 編集

コメントを書く
#

管理者にだけ表示
Trackback
Trackbak URL:http://oirahaorz.blog55.fc2.com/tb.php/49-911af584
07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。