スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
大会終了です。
今日は弓道の東三大会で、予選通過本数が一立7本。
豊丘Aはたった4本と惨敗。
というか、かなり不様な結果に終わりました。
とても残念でなりません。
というか、自分たちの立が終わった後に弓道場にいることが恥ずかしかったです。

なんでこんなにうちのチームの成績が良くなかった・・・ていうか、率直に言って『弱い』のかって言うと、日ごろの練習への気持ちが甘いから。
そして何より(こんな事言ったら怒られると思うけど)、弓道を舐めているからだと思う。
うちの学校の人たちは「明日(大会当日)は今日(前日までの練習)とは別だから、どうなるかわからない」っていう甘い気持ちで日ごろの練習をして、しかも大会当日もそんなフォローを言い合ってる。
なんかそれって、おかしくない?って私はすごく思うけど、チキンだから口に出せないけど・・・。

私たちの部活はちゃんと弓道を指導してくれる人がいなくて、顧問もほとんど弓道場にいなという正直上達の見込みの少ないような所です。
だから、その分みんなのびのびと弓道ができてると思うのですが、その反面、入部以来、求道してる割には絞まりのまったくない部活だなと思ってました。
けど、さすがに今年引退を控えているだけあって、「このままじゃヤバイ」とみんな感じているようで、最近弓道への意識が全体的に上がってきました。
でも、その意識が沸いてきたのが遅すぎました。
もう私たちに残る時間は僅か5ヶ月。
必死に練習して、学校での立ちでは予選通過できる本数を取れるようになりました。

で、それで大会で簡単に予選通過できるはずがない!
だって、強豪校は入部当初からそういう「真剣に弓道に打ち込む」という姿勢を叩き込まれ、実践して実力をつけてきたのに対し、私たちはあわてて見繕った「やる気」なんだから!
結局、弓道は経験が物を言う競技で、多く打てば打つほど変わらない射型を維持できるんです。
なのに、さっき言ったように明日は明日の風が吹く的なフォローなんか言ってるんだからもう私はあきれっちゃったわけです。
私たちの何倍も経験を積んでるチームに簡単に追いつけるほど世の中甘くなんかない。
本気で県大会進出したいなら、もっと弓道に対する姿勢を改めてみる必要があるのでは?
と、思います。



・・・ま、結局何の成績も残せなかったやつが言っても負け惜しみになっちゃいますが(泣)




2007,3,26(日)
春季東三河高校生弓道大会(蒲郡市弓道場)

豊丘A 4/20本中
個人成績 2/4本中

もう、いっそのこと貶してください・・・



 



スポンサーサイト
2007-03-25 23:34 | 弓道 | Comment(0) | Trackback(0)
Comment
コメントを書く
#

管理者にだけ表示
Trackback
Trackbak URL:http://oirahaorz.blog55.fc2.com/tb.php/88-76360bd6
06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。